MAIKO SUZUKI Calendar くま日記 - 制作風景記

ここを通ったんだ まちがいなく

おまえが通ったことのある道だから

なんどもここに来たくなる

風が通る日も、陽がさす日も、季節がゆく日も、雨の日も。

​いつも気になる存在

​おまえのじゃまはしたくないから

音を鳴らしつづけるの

​わたしの胸のだいじなところに

おまえは棲みついて

おーい おーいと

いつも、

 

こころのなかの おまえがよぶ

かすかにとおくで 音がきこえる

いつもの場所で いつものけはい

あの子が ここに来たみたい

こっそりようすを みにいこう

カサカサと笹の葉が鳴った日

森の空気がひんやりとした日

リスとあいさつをした日

おまえの足跡を見つけた日

森が赤い実をつけた日

蜂が足元にとまった日

​この風の中にすわって絵を描くこと、

​おまえとの日記

​いつも おまえの気配を さがしていた

MAIKO SUZUKI Calendar くま日記 - 制作風景記